カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

更新情報

今回から数回にわけてカワアイサの羽衣についてまとめてみる。至近距離で観察できる観察地も多くなく、経過心が高く近づくことすら難しいことも多い。しかし、京都府下の町中の河川では近距離で尚且つ警戒心も低い個体が観察記できる。条件や羽衣によってはかなり年齢雌雄の
『カワアイサ年齢と雌雄 まとめ① (基本羽衣・冬の成鳥編)』の画像

マガモ♀生殖羽 19/05/08 京都市三列含め、わかりやすく生殖羽に換羽した個体。内側大雨覆も数枚換羽済み。雛上個体の子たち。計4羽。どの個体も過眼線は後頭部まで到達し、マガモ的な印象。この段階では雌雄はわからない。片親が雑種である場合や両親種が異なる場合、雛の外
『マガモ♀生殖羽、雛 19/05/08』の画像

マガモ(コールダック)♀"雄化個体" 17/06/07 飼育個体神戸動物王国にて。この手のアヒルの品種は多数存在する。追うだけでも大変であるが、この個体は明らかにマガモよりも小さい。カモ猟などのデコイとして作り出されたアヒルの一品種"コールダック"である。一般的なペット
『マガモ(コールダック)♀"雄化個体" 17/06/07 飼育個体』の画像

カルガモ♀非生殖羽 17/09/26 習志野市大雨覆の白帯が目立つタイプ。9月という時期ながら、幼羽が見当たらないため恐らく成鳥である。同上上尾筒から腰にかけて、橙色の羽縁が見られるため♀である。同上尾羽に見えにくいが、コントラスがある。大雨覆からマガモの影響を想起
『カルガモ♀非生殖羽 17/09/26』の画像

シマアジ♂成鳥非生殖羽 17/09/27 三鷹市(飼育個体)秋の通過個体の多くは幼鳥である。こうした羽衣を観察できる機会は多くない。雨覆は青灰色で、幼鳥のような灰褐色的な青とは異なる。翼鏡前後の白帯も幅広く成鳥的である。幼羽は見当たらず、肩羽や脇羽は羽縁が淡色で丸み
『シマアジ♂成鳥非生殖羽 17/09/27 飼育個体』の画像

オカヨシガモ♀成鳥"雄化個体" 19/03/31 鴨川後輩Kくんに教えてもらった個体。画像をメッセージでもらった時、一見して雄化であるということがわかり特に深く考えずに二条城に飛来した個体と思っていた。その後、なかなか現物とは出会えず、ようやく3月下旬に遭遇。メッセー
『オカヨシガモ♀成鳥"雄化個体" 19/03/31』の画像

マガモ♂幼羽 17/06/07 鴨川一昨年観察した♂幼羽。嘴も鈍い黄色で全身もフレッシュな幼羽である。この個体の中央尾羽は第一回生殖羽以降に見られるような反りかえりがある。やや黒っぽく、周囲の幼羽よりもさらに新しく見えることからも事故換羽したか。少なくとも外部的な
『マガモ♂幼羽 17/06/07』の画像

アカツクシガモ♀ 17/06/07 神戸市(飼育個体)神戸市どうぶつ王国にて。明瞭な黒い首輪が無く、顔も淡色で胸部から首にかけても淡い橙色であるため♀である。この角度から見ると一見薄く首輪があるように見えるが、首と胸部の境に影ができている為、それらしく見えている。こ
『アカツクシガモ♀ 17/06/07 飼育個体』の画像

カワアイサ♀幼羽→第一回生殖羽 19/04/16 鴨川今季恐らく最後のカワアイサである。目先にストライプがあり、虹彩は真っ黒では無くやや濁った褐色である。嘴のコントラストや赤みも弱いため幼鳥である。同上一見して華奢に見えた。前胸部と脇のコントラストや背と脇が一様に
『カワアイサ♀幼羽→第一回生殖羽 19/04/16』の画像

マガモ×カルガモ♂生殖羽 19/04/16 鴨川下流部にいた雑種個体。鴨川を一日歩けばこのような雑種には何個体も出会う。この個体は脇や肩、胸部などに粗い横斑状の羽毛が混在する。これらはカルガモの影響を受けた羽毛か新しく出現した非生殖羽である。非生殖羽様の羽毛の模様
『マガモ×カルガモ♂生殖羽 19/04/16 "雄化風雑種"』の画像

マガモ雛 19/04/16 京都市先日Facebookに投稿され、気になっていた雛をようやく見に行くことができた。当初から気になっていたのだが、やはり単なるマガモ雛という印象は受けなかった。特に1枚目の雛は過眼線が短く、後頭に達さず途切れている。頬線は個体によってはマガモ雛
『マガモ♀成鳥生殖羽&雛3個体 19/04/16』の画像

ヒドリガモ♀成鳥生殖羽 19/04/09 京都市ヒドリガモは雌雄ともに雨覆に明確な齢差があり、たいていの場合シーズンを通して年齢雌雄の識別が可能である。他種同様にヒドリガモも羽縁が橙色でやや広めの明るい色に換羽する。ヒドリガモ♀の嘴は秋から冬の幼羽からの変化を除い
『ヒドリガモ♀成鳥生殖羽、パターン 19/04/09』の画像

コガモ♀生殖羽 19/04/06 京都市全身をやや橙色懸った明るい生殖羽に移行している。三列風切羽には非生殖羽期には見られない、橙色の斑が出現しており、この三列風切羽は生殖羽である。コガモ♀生殖羽のパターンは一見して派手な個体から非生殖羽とさして変わらないような地
『コガモ♀生殖羽 パターン 19/04/06』の画像

ヒドリガモ×アメリカヒドリ♂成鳥生殖羽 19/04/06 京都市4シーズン連続渡来の個体で飛来時既に成鳥だったため、少なくとも第五回生殖羽以降ということになる。同じ場所に通っているとシーズンを跨いだ同一個体との遭遇に気付くことがある。この個体は毎年渡去は遅めで4月上
『ヒドリガモ×アメリカヒドリ♂成鳥生殖羽 19/04/06』の画像

ヨシガモ♂第一回生殖羽 19/03/31 京都市2月中ごろから鴨川中流にいる個体である。換羽が進行し、かなり成鳥と変わらない姿になった。上背の褐色の羽毛は幼羽と思われる。同上一見すると成鳥とほぼ変わらない外観であるが、雨覆は灰色でわずかながら淡色羽縁を持つ。大雨覆先
『ヨシガモ♂第一回生殖羽 19/03/31』の画像

オオホシハジロ♂成鳥生殖羽 19/03/03 三重県中央に写るひと際白い個体がオオホシハジロである。カモが観察対象の主体でありながら、当種は初見。昼頃、訪れた際は不在であったが、ダメもとで立ち寄った夕刻、河口に舞い戻っていた。近くによって来ると、大きく感じるようで
『オオホシハジロ♂成鳥生殖羽 19/03/03』の画像

マガモ♀成鳥雄化個体"モヒカンくん" 18/01/29 高瀬川京都市内における留鳥マガモの三大雄化の1個体。最も強烈な印象を誇っている。見るからに脇は中途半端な羽毛が見られ、上背に粗い横斑がある。波状斑もやや粗く、嘴は♀そのままである。同上体型はややずんぐりしており、
『マガモ♀成鳥雄化個体"モヒカンくん" 18/01/29』の画像

オカヨシガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/03/13 京都市ほとんどを第一回生殖羽に換羽している。幼羽は一部に限られ、肩羽、脇羽下列に数枚残る程度である。また、最外三列は未換羽のようである。嘴は明確にツートンにわかれ、幼鳥的な雰囲気が残っている。脇羽下列部分に残る旧
『オカヨシガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/03/13』の画像

カルガモ♂ 19/02/26 京都市全体的に黒っぽい印象が強くやや大柄。上尾筒にも模様は無く、一様に艶っぽい黒色であることからも♂である。この個体はなぜか尾羽がない。尾羽は初列風切や次列風切のように一斉に脱落することはないため、何かに襲われたか。尾羽だけないとすれ
『カルガモ♂ 19/02/26』の画像

カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/02/27 京都市今季は成鳥の比率が高く、幼鳥の数は昨季よりも少なかった。幼鳥の雌雄は条件次第でわかりにくいことも多いが、換羽が進行した♂幼鳥はわかりやすい。この個体は肩羽に白い第一回生殖羽が出現している。第一回生殖羽は真っ白
『カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/02/27』の画像

↑このページのトップヘ