IMG_1571-crop
アメリカヒドリ♂成鳥生殖羽 18/12/12 千代田区
先日の遠征にて、皇居外苑で出会った個体。事前に聞いていた♀成鳥を観察することは叶わなかったもののこの♂を観察することができた。
この個体は画像の通り、角度によって緑の部分と顔した半分に褐色の光沢が見える。観察時はちょうど逆光であったため、順光の印象がわからないが、陰に入れば全く目立たないレベルの光沢だった。
IMG_1530
同上
逆側もほぼ同じ外観。少し暗くなると特に顔した半分の褐色部は目立たなくなる。鴨川下流部で観察した個体に比べれば、遺伝子浸透レベルの雑種か否かの話はさておいてよりヒドリガモ風味を醸している個体と言えるだろう。肩羽後端ではほぼぶどう色は無く、一様に灰色に見える。
IMG_1564-crop
IMG_1590-crop
同上
腋羽は純白。次列の翼鏡部分も狭い。
IMG_1581-crop
同上
ここ最近注目している顎は赤みが強い。この部分は黒い個体からこのように赤い個体まで様々である。ヒドリガモでもこの部分が黒い個体がいる。
IMG_1524
同上
この個体もヒドリガモよりやや大きく見えた(画像の比較が♀になってしまっているが)。