IMG_9242-crop
ヒドリガモ♀成鳥"雄化個体" 19/01/21 京都市
比較的ハイレベルに雄化が進行している。比較対象がないがサイズは♀そのもので、嘴は明らかに華奢である。ヒドリガモの雄化個体は他種に比べ比較的普通に観察されるが、その程度は軽度のものが多く横斑様の縞模様が全身を覆う個体から、一部に波状斑が出現する個体まで様々である。この個体は全身に中途半端に波状斑が出現しており、雌雄中間的な羽装である。雨覆は汚白色で白い羽縁が広がるようにして全体的に白みを帯び始めている。肩羽後列は♀型のパターンながら形状はやや細く伸び、♂非生殖羽的な印象に近くなっている。
脇全体を太い横斑が多い、所々に波状斑が出現している。
IMG_9306-crop
同上
一見して違和感がある。三列の摩耗がやや激しい。パターン、形状共に♂に近くなってきている。