IMG_0372-crop
カルガモ♀非生殖羽 19/02/04 鴨川
上尾筒は艶の無い黒で下尾筒には羽縁がみられる。嘴も華奢で全体の配色としてやや淡さが目立つことからも♀だろう。一見するとカルガモの姿形をしているが、頬線がほとんどなく、体羽の羽縁がやや広いため、恐らくマガモ(アヒルなど家禽も含む)の影響を受けている個体だと思われる。全体的に肩や脇を中心に一枚一枚がふと短く大柄に見える点もマガモ的だろうか。
IMG_0367-crop
同上
頬線が無くなるだけ一気に違和感を覚える。嘴爪は下半分のみ黒くカルガモと変わらない。頬線、体羽の印象、全身の淡さ以外マガモの要素はないと言えるだろう。
齢は不明。この時期であれば換羽の早いカルガモでは幼羽は既に残っていない。雨覆にも齢による差はほとんどないと思われる。そうなれば足の色味が参考になるが、この時期まで使えるのだろうか?この個体は橙色が強く成鳥と変わらないように見えた。