カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

2018年09月

マガモ♂幼羽→第一回生殖羽 18/09/19 鴨川河川敷こうした個体をマガモと呼んで間違いではないが、やはりここはアイガモとすべきだろうか。脇の第一回生殖羽の羽毛は普通(野生種における)マガモにはない模様である。これらは第一回非生殖羽ではない。こうした特殊な模様は
『マガモ♂幼羽→第一回生殖羽』の画像

コガモ♀成鳥非生殖羽 18/09/19 鴨川出雲路橋本日鴨川初認。ようやく飛来した。肩羽の縦斑は強め。嘴の黒斑はやや少ない。羽衣が新しいためか現地ではやや全体的に暗色に見えた。
『コガモ♀成鳥非生殖羽 18/09/19』の画像

ヒドリガモ♀成鳥 18/3/6 鴨川荒神橋2年連続渡来の個体。この個体には明らかな違和感がある。雨覆が際立って白く、♂非繁殖羽と条件次第で見誤りそうなくらいである。一昨期も晩冬に入ってから初認した個体であり、その時も♂非繁殖羽を想起し混乱させられた。下は♂成鳥露出
『ヒドリガモ♀成鳥 18/3/16』の画像

マガモ♂成鳥 18/9/15 高瀬川マガモ♀成鳥 18/9/15 高瀬川♂はほとんど換羽を個体。マガモの換羽は他種のカモに比べて早い。肩羽の一部は旧非生殖羽。換羽を追えたマガモ♂は年齢の判別がかなり難しいが、この♂は成鳥で良いと思う。脇羽ももう少し生えそろえば生殖羽と遜色
『マガモ♂♀成鳥 18/9/15』の画像

ヨシガモ♀幼羽 18/9/2 東京都三鷹市ほぼ全身幼羽で三列は一様に暗色である。ヨシガモ♂幼羽→第一回生殖羽 16/12/6 鴨川三列に淡色部と暗色部のグラデーションがある。この個体は大雨覆先端にえんじ色部は無いが、♂幼羽でもその特徴を持つ個体がいる。所々C字状の第一回生
『ヨシガモ♀幼羽 18/9/2』の画像

↑このページのトップヘ