カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

2019年01月

ヒドリガモ♀成鳥非生殖羽 18/12/28 堺市部分白化個体。頭部、目下、喉に白変部がある。昨シーズンも同地で観察したしたように思うが、同一個体だろうか。撮影せずに帰ってきてしまったのか、フォルダを明後日も見当たらない。なんとなく白化パターンに見覚えがある。この後
『ヒドリガモ♀成鳥非生殖羽 18/12/28』の画像

マガモ♂生殖羽 19/01/21 京都市旧羽は既に存在せず生殖羽に移行済み。一見すると普通のマガモ♂であって、雑種やアヒルなどの余計な要素など考える必要の無い個体である。マガモは凡庸なカモの例としてあげられるひとつであると思うが、その身近さとは対比するかのように年
『マガモ♂生殖羽 19/01/21』の画像

オカヨシガモ♀成鳥非生殖羽→生殖羽 18/12/11 東京都千代田区皇居外苑桜田濠で観察した。同級生のIくんが発見した。脇羽や肩羽は羽縁が太く褐色が強いことからも新羽(=生殖羽)だろうか。オカヨシガモ♀が生殖羽に換羽した場合かなり全体的に明るく見え、上尾筒や下尾筒まで
『オカヨシガモ♀成鳥非生殖羽→生殖羽 18/12/11』の画像

オカヨシガモ 19/01/18 京都市一昨日のヨシガモとともに観察した。現地に着いて最も先に目についた。遠目に見てオカヨシガモのシルエットに灰の下地に脇に褐色部という配色にまず雄化個体であると思った。パッと見た印象はもちろん♂であるが、少なくとも♂成鳥生殖羽ではな
『オカヨシガモ♂第一回生殖羽か♀雄化か 19/01/18』の画像

ヨシガモ♂第一回生殖羽 19/01/18 京都市換羽が概ね進行し、一見すると成鳥と変わらない姿であるが、雨覆は褐色であるため第一回生殖羽である。腰や肩に見える灰色味を帯びた部分も幼羽と思われる。三列風切羽は伸長中。同上露出が高いためわかりにくいが、この個体の大雨覆
『ヨシガモ♂第一回生殖羽 19/01/18』の画像

↑このページのトップヘ