カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

2019年11月

コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/13 京都市脇羽や肩羽、背、腰、上尾筒・・・など羽先が尖り幼羽的な縦斑が入っている。脇の波状斑を伴った新羽は第一回生殖羽である。早い段階の幼鳥は雌雄がわかりにくいことがあるものの、ある程度換羽が進行するとわかりやすい。左から
『コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/13』の画像

アメリカヒドリ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/29 鴨川鴨川でもコンスタントに観察できるようになったアメリカヒドリ。今季は♂成鳥に加え、♂幼鳥が越冬中である。両個体とも4キロ近く離れているが、この好条件で複数の羽衣を観察できるのは贅沢な事である。肩羽は縦斑の入った
『アメリカヒドリ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/29』の画像

メジロガモ♂非生殖羽→生殖羽 19/11/17 琵琶湖琵琶湖南東岸、先日の♀幼鳥と同じところで観察した♂個体。齢は成鳥のようである。脇羽や肩羽に非生殖羽が残っており換羽中。頭頂の尖りや華奢で嘴峰の低い嘴などメジロガモの特徴をかなり備えている個体だと感じた。同上頭部
『メジロガモ♂非生殖羽→生殖羽 19/11/17』の画像

メジロガモ♀幼羽 19/11/17 琵琶湖草津市内の湖岸でホシハジロなど凡そ1万羽近い群れの端にいた。今季はメジロガモが多数飛来しており、南部中心に10羽近く飛来しているようである。この個体は頭部の形状も頭頂で尖り、嘴峰に向け傾斜のきついカーブを描くいかにもメジロガモ
『メジロガモ♀幼羽 19/11/17』の画像

コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/14 鴨川正面橋より下流側で観察。この付近は右岸しかないため午後は逆光になってしまう。体羽のほとんどが幼羽である。全体的に縦斑がはっきりするタイプの個体。脇後端部に波状斑が出現している為、比較的♂幼羽と判断できる。同上三列は
『コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/14』の画像

↑このページのトップヘ