カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

2019年12月

ヒドリガモ♀非生殖羽、部分白化個体 19/11/14 高野川陽が暮れてから高野川で発見した個体。昨季も飛来していたため少なくとも二年連続渡来である。ヒドリガモ♀の白化パターンで共通している頭部の白化個体。それ以外にも目の周囲が白い個体も一定数みられる。肩羽は生殖羽
『ヒドリガモ♀非生殖羽→生殖羽 部分白化個体 19/11/14』の画像

スズガモ♀幼羽 19/11/25 高島市高島市北部の知内川の河口部に入っていた。全身がほとんど幼羽。脇羽は波状斑を伴わない。嘴は暗色で耳羽の淡色斑は小さく不明瞭である。嘴基部の白色部は太く巻き込んでいる。同上虹彩は黄土色のような鈍い色をしている。同上♀幼羽であるが
『スズガモ♀幼羽 19/11/25』の画像

ヨシガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/29脇羽と肩羽に幼羽が残っておりわかりやすい幼鳥。この個体は肩羽の縦斑が明確でわかりやすい。雨覆は灰色懸り、大雨覆にわずかにえんじ色部分がある。同上腰や尾筒にも幼羽が残っているが、尾羽はほとんど換羽済みのようである。同上下
『ヨシガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/11/29』の画像

マガモ×カルガモ♂生殖羽 19/11/29 京都市郊外の水路で。嘴は中間的な色彩パターン。体羽の模様などはかなりマガモに寄っている。同上胸の赤みはマガモよりも弱い。脇の褐色部はこの雑種でよく見られるパターンでマガモ♀雄化とも共通しており、この個体はともかくさらにカ
『マガモ×カルガモ♂生殖羽 19/11/29』の画像

↑このページのトップヘ