IMG_8461-crop
ヒドリガモ×オナガガモ♂第一回生殖羽19/01/18 京都市
昨年の画像から。先日アップした成鳥個体と同一である。時系列で言うと反対にすべきかもしれないのだが、昨年は掲載していないこと、現在は成鳥であることからこのような形にした。
外観は12日のエントリー分と大きく変わらず、両種と中間的な印象である。
この日は薄曇りであったため光沢がわかりにくいが、目の後方からやや鈍い緑色光沢を放っている。
IMG_8335-crop
同上
一見すると生殖羽に移行しているように見えるが、腰は一部旧羽が残っている。
雨覆は灰色味が非常に強く、薄い淡色の羽縁がある。大雨覆の橙色帯はオナガガモ幼鳥で見られるように狭い。ただし、雑種による影響で狭い可能性もある。
パターンは概ねオナガガモ♂に近いだろうか。オナガガモ♂幼鳥に関してはこちらのエントリーを参考にしていただきたい。
IMG_8471-crop
同上
次列の光沢は鈍い。
IMG_8129-crop
同上
コントラストの弱さやくすみの強い光沢が幼鳥的に見える。

成鳥外観との違いはこちらにて。
ヒドリガモ×オナガガモ♂生殖羽 20/01/11 ヒドリガモ×オナガガモvol.1 ━生殖羽━

同じ組み合わせの個体を複数観察できたため、シリーズにしてみた。