IMG_3271-crop
アカハジロ×メジロガモ♂生殖羽 20/01/18 長浜市
2018年11月に観察した個体と同一と思われる。アカハジロ寄りな体色にメジロガモ的な光沢を帯びる大変美麗な雑種である。
この個体は2017年度冬季より飛来しており当地には3期連続飛来となった。17年シーズンはアカハジロ×ホシハジロ雌雄とともに飛来しており、18年に♂が帰ってこなくなり、ついに今年は雌雄ともに帰ってこなくなってしまった。
県北部をまわったのち、帰り際に立ち寄った際に発見した。既に日暮れを迎えていたため、コントラストが一層はっきりとし、大変綺麗だった。
既に上記リンクで述べているように体色、体型ともにアカハジロの趣が強い。
IMG_3259-crop
同上
ホシハジロと比較しようとしたが、結局並ばなかった。ややホシハジロ♀よりも小さい。ただし体部は長めで明らかに詰まった体型であるメジロガモとはやや異なる。写真では読み取り辛いが、後頸に赤い光沢を帯びている。今年も頭頂をまるで赤く染めたかのような模様は健在である。
IMG_3358-crop
IMG_3364-crop
同上
脇の白色部の食い込みはアカハジロに比べてたいへん浅い。姿勢や水面の状態によっては食い込みが無いように見えることもあるが、多少は白色部の浸出がある。

IMG_3337-crop

IMG_3346-crop
同上
翼帯は白色である。
過去最短距離での観察だった。頭部と胸のコントラストが美しい。