カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

ヒドリガモ

ヒドリガモ♀幼羽→第一回生殖羽 19/01/16 鴨川18/12/22に観察した個体と同じ。およそ一か月弱がたち、換羽が進行した。脇の幼羽は最上列の一部に限られ、それらはかなり著しく摩耗、退色している。肩羽にも摩耗の激しい、褪せたパターンの少ない羽毛と、コントラストの強い
『ヒドリガモ♀幼羽→第一回生殖羽 19/01/16』の画像

ヒドリガモ♀成鳥非生殖羽 18/12/28 堺市部分白化個体。頭部、目下、喉に白変部がある。昨シーズンも同地で観察したしたように思うが、同一個体だろうか。撮影せずに帰ってきてしまったのか、フォルダを明後日も見当たらない。なんとなく白化パターンに見覚えがある。この後
『ヒドリガモ♀成鳥非生殖羽 18/12/28』の画像

ヒドリガモ♂幼羽→第一回生殖羽 18/12/21 鴨川わかりやすい♂幼鳥。脇、肩、雨覆、三列など摩耗した幼羽と新しい第一回生殖羽のコントラストが大変わかりやすい。この個体は喉が黒くなるタイプのようである。第一回生殖羽は成鳥生殖羽よりもやや波状斑が粗い傾向にあるよう
『ヒドリガモ♂幼羽→第一回生殖羽 18/12/21』の画像

ヒドリガモ♀幼羽→第一回生殖羽 18/12/22 鴨川12月に入ってから賀茂大橋付近の群れにいる個体。一見してかなり灰色に見えた。換羽の進行としてはやや遅い程度であると思うが、かなり幼羽の部分が摩耗している。脇上列、肩羽、背、尾羽、胸などを中心にバフ色が強く、痛みの
『ヒドリガモ♀幼羽→第一回生殖羽 18/12/22』の画像

ヒドリガモ♀成鳥 18/11/01 堺市大阪府下のカモの飛来もどうやらやや遅れ気味のようである。当地も池の中央に20前後の群れがあるだけで総数としてはかなり寂しい。この個体は普通、この時期に見かける♀成鳥としては違和感がある。まず初列及び次列を一斉換羽中で、簡単に言
『ヒドリガモ♀成鳥 18/11/01』の画像

↑このページのトップヘ