カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

コガモ

コガモ♀成鳥非生殖羽→生殖羽 19/01/21 京都市脇や肩など多くの体羽は橙色の羽縁にやや明るめの縦斑がみられる。全体的に摩耗は少なく、これらは換羽済みの生殖羽である。それらに対し、三列風切羽、尾羽にはパターンは見られず、これらは未換羽の非生殖羽である。個体にも
『コガモ♀成鳥非生殖羽→生殖羽 19/01/21』の画像

コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/01/16 鴨川脇上列、肩羽に幼羽が残る。共に縦斑が強く、脇羽でその斑はより顕著である。コガモの幼羽は成鳥と形状に差が少なく、姿勢によってわかりにくいことが多い。しかし、この縦斑は濃淡に個体差はあるものの傾向がありわかりやすいよう
『コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 19/01/16』の画像

コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 18/12/22 鴨川まだまだ幼羽の装いが残る。全体的に換羽の早い個体が多い鴨川ではやや遅く感じる。脇羽や肩羽は幼羽である。この姿勢で観察すれば、幼羽としてはやや丸みを帯びているように見えるが、縦斑のある肩羽を見れば幼羽と推定することが
『コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 18/12/22』の画像

コガモ♂成鳥非生殖羽 18/11/30 鴨川かなり換羽が遅い。鴨川に飛来する多くの個体は年齢に関わらず、かなり生殖羽が出ていることがほとんどである。この個体は、脇後端の一部や上背の一部を除き、ほぼ全て非生殖羽のままである。同上発見した時、周囲の個体との違和感に雄化
『コガモ♂成鳥非生殖羽 18/11/30』の画像

コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 18/11/25 鴨川まだまだ幼羽が残る。大雨覆の橙色帯は明らかに細く、脇羽も幼羽。この個体は肩にしっかり縦斑が入る。第一陣、第二陣のコガモが抜けて以来、鴨川のコガモの数は少ない。まだまだ増えるとは思うが、何年も通って観察してきた身とし
『コガモ♂幼羽→第一回生殖羽 18/11/25』の画像

↑このページのトップヘ