カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

カルガモ

カルガモ♂ 19/02/10 川越市腰に白化部分がある個体。全体的に暗色の印象が強く、上尾筒や下尾筒は明らかに艶のある黒で大柄な体躯からも♂である。一見するとカルガモであるが、中央尾羽に反りがみられマガモの影響を受けている個体と思われる。嘴爪の暗色部はやや上嘴に侵
『カルガモ♂"部分白化" 19/02/10』の画像

カルガモ♂ 19/02/04 鴨川昨日投稿の♀とペアになっていた個体。上尾筒ははっきりと艶のある黒で、全体的に暗色の傾向が強く♂であるとわかる。肩羽から背にかけて数枚、新羽が出現している。中央尾羽がかなり黒く、わずかに反りかえりがみられる。恐らくは昨日の♀個体同様
『カルガモ♂ 19/02/04』の画像

カルガモ♀非生殖羽 19/02/04 鴨川上尾筒は艶の無い黒で下尾筒には羽縁がみられる。嘴も華奢で全体の配色としてやや淡さが目立つことからも♀だろう。一見するとカルガモの姿形をしているが、頬線がほとんどなく、体羽の羽縁がやや広いため、恐らくマガモ(アヒルなど家禽も含
『カルガモ♀非生殖羽 19/02/04』の画像

カルガモ♀ 19/01/12 鴨川三列風切羽の一部や尾羽に生殖羽が見える。換羽済みの三列風切羽に生殖斑が見えることや上尾筒に褐色の羽縁が見られ、やや全体的にくすんだ黒であること、下面の黒は♂ほど黒くないことから♀と判断した。この個体の旧羽部分の三列風切羽は白色部が
『カルガモ♀ 19/01/12』の画像

カルガモ♂成鳥 18/10/26 鴨川鴨川三条大橋上流側にいた個体。カルガモとしたが、羽縁の太さや、尾羽の模様、全体的な印象からもマガモ(/アヒル)との雑種の子孫かもしれない。さすがに体羽の雰囲気をカルガモの個体差を逸脱しているように思う。中雨覆の羽縁が橙色である。同
『カルガモ♂成鳥 18/10/26』の画像

↑このページのトップヘ