カモログ

投稿形式を変え投稿再開 またよろしくお願いします。

カモログ イメージ画像

カワアイサ♂

カワアイサ♂生殖羽 21/05/31 長浜市 Common marganser male breeding.湖岸林で越夏中の個体。羽衣は完全な生殖羽である。この個体は負傷個体のようでそもそも渡ることができなくなってしまったようである。滋賀県ではほとんどの場合冬期に観察することが多いが、岐阜県や長
『カワアイサ♂生殖羽 21/05/31』の画像

カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/12/25 鴨川昨日のエントリーの個体よりもかなり第一回生殖羽の範囲が少ない個体。肩羽に数枚、白い部分が出現している。体格はやはり換羽状況に問わず大柄で♀よりも大きく、頭部はより角張頑丈な雰囲気を持っている。胸部の白色部は広く
『カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/12/25』の画像

カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/12/25 鴨川肩羽に♂生殖羽を想起させる黒と白のパターンが見える。この個体は今季鴨川の中でも最も換羽が進んでいる♂幼鳥で、より♀タイプの外観に近いものからこのような個体までかなりばらつきがある。左は♀成鳥。角度が悪いが、体格
『カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/12/25』の画像

カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/02/27 京都市今季は成鳥の比率が高く、幼鳥の数は昨季よりも少なかった。幼鳥の雌雄は条件次第でわかりにくいことも多いが、換羽が進行した♂幼鳥はわかりやすい。この個体は肩羽に白い第一回生殖羽が出現している。第一回生殖羽は真っ白
『カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 19/02/27』の画像

カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 18/12/22 鴨川脇、肩に第一回生殖羽が出現している為、♂とわかる。♂幼鳥においては♂生殖羽を想起させるパターンが各所に出現し、遠目に観察した際その差はより明瞭になる。概ね肩と脇は♀幼鳥よりもコントラストが多く、頭部から嘴は大柄
『カワアイサ♂幼羽→第一回生殖羽 18/12/22』の画像

↑このページのトップヘ